2017/01/20

「死ぬまでに全駅」(286) #1443 八柱駅

#1443 八柱(やばしら)

・新京成電鉄 新京成線
みのり台|常盤平
【区分】甲 【撮影日】2015/9/21
【所在地】千葉県松戸市
【開業】1955(昭和30)年
【乗車人員(日)】22,391人

千葉県松戸市に所在。
新京成電鉄の駅は初めての紹介。

賑やかな南口。
駅ビルが第1(中央)、第2(左)とある。
ともに自社関連会社の物件。
テナントは第2ビルの看板を参照。

他の駅も同様なのだろうが、
駅ビルに店出すのも
けっこうお金がかかるんだね。
ここ見た。

JR武蔵野線新八柱駅と隣接、
写真右の木々の背後。
駅前のバス・タクシーロータリーを共用。
JR駅は「しんやはしら」と濁らない。

かわって北口のようす。
こちらにはバスの発着はない。

駅北側は完全な住宅街。

南口へ降りる階段。
駅ビルは1~3Fにさまざまな店舗が入居。

改札階は3F。
第2ビルとこの階で連絡する。

改札口。乗降客の動線を考えて
配置が工夫されている。
一日の乗車人員は22,391人。
新京成駅では3番目に多い。
JR駅は24,300人。

改札内のようす。
部分的に工事中で
右に仮設トイレが見える。

ホームはカーブした島式1面2線。

左が1番線下り津田沼方面、
右が2番線松戸方面上り。

1番線ホームから
北口ロータリーを撮影。

2番線から松戸方面に向かって撮影。
線路際の広告板が独特。

駅舎は津田沼寄りに
偏って設置されている。

ホーム端より松戸方面を撮影。

逆に津田沼方面を撮影。この真下に
JR武蔵野線のホームがある。

津田沼方面にある踏切から
駅全景を撮影。
最後に、線路端にひっそり佇む
「歴史の代弁者」を訪ねてみよう。

踏切付近に残る、
「陸軍」と彫られた石柱。
軍用地の境界を示す。

新京成電鉄は津田沼に本部のあった
陸軍鉄道聯隊演習線の一部を
流用して開業、現在にいたる。
(上2点撮影日:2003/6/29)

戦後すぐの空中写真を見れば、
当駅周辺は一面の田園風景。
何万の人々が行き交う現在まで、
ここでこの地の隆盛を見届けてきたのか。
注意喚起で赤くスプレーされても
刻んだ歴史は色褪せることはない。





2017/01/18

「死ぬまでに全駅」(285) #0765 春日町駅

#0765 春日町(かすがちょう)

・静岡鉄道 静岡清水線
音羽町柚木
【区分】甲II 【撮影日】2014/3/21
【所在地】静岡市葵区
【開業】1930(昭和5)年
【乗車人員(日)】731人

静岡市葵区にある、
静岡鉄道の駅。

出入口は踏切の途中にある。

狭い通路を通って改札へ。

改札口。
一日の乗車人員は731人。

ホーム側から改札口を撮影。
狭いがひと通り揃っている感じ?

ホームは狭小の島式1面2線。
転落防止柵は2005年設置。

左が上り1番線、右2番線下り。

駅海側は国道1号線。
撮影者背後の
五叉路の春日一丁目交差点は
しばしば渋滞がおこる。

新静岡方面を撮影。
突端にはトイレもある。
すごい。

新清水方面を撮影。
駅も小さく電車も短編成だが、
休日日中で1時間に9本の運行。
利便性は抜群。

 



2017/01/16

「死ぬまでに全駅」(284) #0285 下部温泉駅

#0285 下部温泉(しもべおんせん)

・東海旅客鉄道 身延線
波高島|甲斐常葉
【区分】丙 【撮影日】2013/1/26、2014/1/25
【所在地】山梨県南巨摩郡身延町
【開業】1927(昭和2)年
【乗車人員(日)】113人
【駅名変遷】下部(1991)

山梨県南巨摩郡身延町に所在。
JR身延線の駅。
1991年に「下部」から現駅名に変更。

瓦屋根の駅舎は現在は無人駅。
県道415号から撮影。
この写真右に進むと温泉街となる。

日蓮も湯治を行ったという由緒ある温泉地。
温泉街には少し距離があるため、
駅前にはタクシーが待機している。

駅舎内の待合室。
少し寒々しい感じ。

かつて改札のあった場所は
シャッターが下りている。

通路を通り、構内踏切を渡って
ホームへいたる。

構内踏切付近から駅舎の裏側を見る。

ホームは1面2線の島式。
左の車止めのある側線は
踏切部分だけ切れていて、
踏切から先にまた続く。

こんな感じで。
踏切から身延、富士方面を撮影。

側線は保線車両が使用。

駅舎側から1番線上り富士方面、
右が2番線甲府方面下り。

開業は1927(昭和2)年。
1941年国有化、身延線の駅となる。

当駅が開業したことにより
湯治客は急増、
1956年、国民温泉保養地に指定。

下り特急電車が到着。
暖かい車内から一転、
刺すような寒さのホームへ降り立つ。
さあ、温泉につかろう。
足早に今夜の宿泊地へ向かう。

甲府方面に向かって撮影。
左はミネラルウォーターの工場。

富士方面を構内踏切から撮影。
右の林には「下部ホテル」。
かつて骨折した石原裕次郎が
温泉治療のためひと月半滞在。
館内には「裕次郎記念館」がある。

同ホテルの客室から撮影。
後方にそびえるのは身延山。

室内でくつろぐ(笑)当時5才の次男。
忙しい人たちがよく言う、
「ゆっくり温泉にでもつかりたい」
で思い浮かべる場所は
まさに当駅周辺のような
温泉街かもしれない。