2017/05/15

「死ぬまでに全駅」(317) #1482 成島駅(群馬県)

#1482 成島(なるしま)

・東武鉄道 小泉線
 館林|本中野
【区分】戊 【撮影日】2015/10/10
【所在地】群馬県館林市
【開業】1926(大正15)年
【乗車人員(日)】1,128人(降車含む)

群馬県館林市に所在。
東武鉄道小泉線の駅。
山形・JR米坂線にも同名の駅がある。

周囲は住宅地、農耕地が半々。
伊勢崎線に多々良という駅があるが、
その多々良沼へは当駅のほうが近い。

駅舎全景。
東武各線でよく見るスタイル。
その中でも無人になった駅は
駅舎が解体されているところが多い。

駅前のようす。
関東学園大附属高、短大が
南西500mほどの場所にある。
そこにはかつて館林飛行場があり、
陸軍の飛行学校の分教場があった。

改札口。
一日の乗降人員は1,128人。

改札内から。
日中は1時間に1~2本の電車がある。
朝夕はそれが3本になり、
まずまずの運行本数か。

館林側踏切から駅全景。
改札とホームの連絡は地下道。
架線柱の下あたりに通路がある。

地下通路のようす。
東武の田舎駅は構内踏切を廃して
地下通路で連絡するところが多い。

右が駅舎、左のホーム端から
階段が下っている。

連絡通路階段を上がったところから撮影。
左1番線下り西小泉方面、
右2番線館林方面上り。

待合室のある付近にだけ
ホーム上屋がかかる。
館林方向に向かい撮影。

1番線館林方から西小泉方向。
朝夕はね、賑わうんだよたぶん(笑)

ホーム端から西小泉方面を撮影。
すぐに単線になる。

館林方面を隣接した踏切から撮影。

これといって説明することもない
群馬の小駅で、
「他駅同様」と書くしかないが、
そこにもそれぞれ人々が暮らしている。

1948
USA-R1030-3を加工)
戦後すぐに米軍が撮影。
赤丸が駅の位置。
中央に館林飛行場のハンガーが残る。
飛行場はすでに農耕地に変わっている。
小泉線から分岐する引込み線が確認できる。
この写真では下に見切れるが、
戦後、個人所有の飛行場が建設され、
2003年まで使用された。






0 件のコメント: